新婚旅行でも人気!フィリピンのセブ島のおすすめ旅行体験記

フィリピン セブ島

新婚旅行でも人気の観光地、フィリピンのセブ島について知りたいと思っていませんでしょうか。

今回の記事では、実際の旅行者の方におすすめポイントをお聞きしました。

新婚旅行でも人気!フィリピンのセブ島のおすすめポイントを紹介

セブ島

フィリピンのセブ島で面白いと思ったこと

フィリピンセブ島は、朝早くから爆音でダンスをしています。日本では絶対にありえない光景で、最初はねれずにびっくりしましたが、なんかセブらしくていいなと途中から思いました。

フィリピンのほとんどの地域に共通していることかもしれませんが、ジョリビーというファストフード店がいたるところにあり日本でいうコンビニのような感覚で展開されていることが面白いです。

また、海がとても綺麗でここが海外か!という気分になりました。日本人だけでなく全世界の人々が集まっているような場所でとても面白かったです。

フィリピンのセブ島で体験した楽しかったこと、驚いたこと

驚いたことはとにかくみんな朝が早いことです。学校なども朝7時半から始まるらしいです。そもそも常夏の暑い国なので、早く行動するとのことでした。

楽しかった思い出はオスロブに行き、そこに生息しているジンベイザメと間近で一緒に泳ぐことができたことです。ガイドさんが水中カメラで一緒に写真も撮ってくれ貴重な経験でした。

また、中心部では旅行観光客しかいない感じましたが、ツアーで島の反対側に行くと現地の人のみで一つの島でこんなにも差があるのかと思いました。

フィリピンのセブ島で思い出に残っているご当地の食べ物

セブ島産のフレッシュマンゴーは、人生で食べたマンゴーで1番美味しかったです。

やはりとれたてで食べられるのは、最高です。空輸などの時間を省いたフレッシュさはかなり衝撃のおいしさでした。

セブ島で食べた美味しかった食べ物はアヤラモール内にあるピザ リパブリックというお店のピザです。

そこはMサイズ程の大きさのピザに何十種類もある具材の中から好きなだけ自分の好きな具材をのせられることができ、値段は日本円で約500円程で食べられ、安いだけでなくとても美味しくコスパが素晴らしかったです。

また、レストランで食べるフィリピン料理も最高です。とても大きくて日本の2倍以上の大きさでした。味もしっかりしてて日本人の口にもあう味です。

フィリピンのセブ島で感じた日本と違った文化

カトリックの方が多いそうで、日曜礼拝などもしっかりしていらっしゃいました。日本はどうしても無宗教的なほど宗教活動はあまり根付いていないので敬虔さに違いを感じました。

フィリピンの街で感じた文化は、日本ではファストフード店内で食事をし、食べ終わったら自分で片付けますが、セブ島では片付けずそのまま席にトレーやゴミを置いておいて良いということに文化の違いを感じました。

また、チップ文化も日本とは違います。

レシートに何パーセントのチップをお会計と一緒にいれるかが書かれてあり、その中で自分でどれくらい追加するのか丸を描いてカードと一緒にお会計しました。

チップ自体が日本にはないので初めての経験でした。

フィリピンのセブ島で買ったおすすめお土産

セブ島のドライマンゴー。日本のお菓子のコピー感が漂う現地のスーパーにあるお菓子。南国感のある手提げバッグ。

ドライマンゴーは日本で買うよりはるかに安いのでお土産にオススメです。またかわいいTシャツなども数百円程なのでお土産に最適だと思います。

ザ・お土産いう感じですがずっと残しておける事も出来ますし、外で着るのが恥ずかしかったら寝巻きにも使えますし、とても私は気に入っています。

最後に

いかがでしたでしょうか。

フィリピンのセブ島旅行体験記を紹介いたしました。

ぜひ訪れる前の参考にしてください。