知っておきたい香港の治安、日本人旅行者が注意しておきたい点とは

香港の治安はよく、基本的には不安なく街歩きができます。

しかし、外国であることを忘れずに少し気を引き締めましょう。

今回の記事では香港の治安について注意しておきたい点をまとめました。

快適な香港旅行にするために、出発前にしっかりチェックしましょう。

1.知っておきたい香港の治安、日本人旅行者が注意しておきたい点とは

1-1.香港の治安について

香港の治安は発生率でみる限り比較的良好です。

日本人旅行者の場合、パスポートや財布などの所持品をスリや置き引きによって盗まれるケースが最も多いです。

特にスリは集団スリ、色目を使ったものなど新手の手口もみらるので要注意です。

また、交通量と人が多い香港では、交通ルールは守られていないので交通事故にも注意が必要です。

外務省海外安全ホームページ

1-2.病気・健康管理について

食べ過ぎて胃腸を壊したり、冷たい飲み物を飲みすぎて下痢をしたりなどに気をつけましょう。

胃腸薬、風邪薬は香港で購入すると高いので日本から持っていくことをおすすめします。

また、5月から9月頃までは日差しが強く、蒸し暑いので、日射病や熱中症なるリスクがあります。帽子は必需品です。

1-3.海外旅行保険について

体調を崩したり怪我をしたりして病院で診察を受ける場合、保険に加入していないと高額な請求に驚かされます。

また、カメラやスマホなどが盗まれた場合も保険に加入していれば保証の対象となります。

出発前に海外旅行保険に入りましょう。

2.香港の治安事情、日本人旅行者が注意したいトラブルについて

2-1.スリ、置き引き出没エリア

九龍の尖沙咀や銅鑼湾、金鐘、中環のデパートやショッピングモール周辺はスリの多発地帯です。

バッグは必ず正面に持つようにしましょう。

食事をする時も、携帯品は必ず目の届くところに置くように。

プロのすりはスーツや主婦のようなファッションに身を包み、観光客のパスポートや財布、ブランド品を狙っています。

2-2.空港やホテルでのトラブル

香港国際空港での盗難も多発しています。チェックインや出発ゲートの待合室で被害に遭うことが多いです。

ホテルのチェックイン時も要注意です。

貴重品は手に持ち、足元の荷物は両足で挟むなどして万全の対策を取りましょう。

ホテルは従業員を装った犯人が部屋を訪れ、チェックイン手続きにミスがあったと偽り、パスポートを持ち逃げする犯罪も発生しています。

2-3.悪質タクシー

ヴィクトリア・ピークや香港国際空港などから乗車した際に遠回りされたり、高額料金を請求されたりする悪質タクシーの存在が確認されています。

最近では行き先を告げたのに間違いを装って空港まで連れて行かれるケースも発生しています。

ホテル前で客待ちしているタクシーが旅行者を狙うこともあるので充分注意しましょう。

2-4.偽物を売りつけるしつこい客引き

偽のブランドの腕時計やバッグなどの購入を勧められ、興味を示すと雑居ビルに連れ込まれ購入を強要され、トラブルになるケースが発生してます。

客引きが怪しい日本語で話しかけてきたら、はっきりと断りましょう。

DVDやCDなども安く売られている物は海賊版がほとんどです。

違法コピー商品は日本に持ち込むことができないので要注意です。

2-5.食べ過ぎ、食中毒対策をしよう

香港で起こりがちな食べ過ぎによる腹痛や下痢。特に生ものは避けましょう。

衛生状態は日本より良くないので食中毒を引き起こすこともあります。

具合が悪くなったら、まずはホテルのフロントに相談しましょう。

ホテルドクターや近くの病院を紹介してくれます。

2-6.郊外のひとり歩き

自然豊かな離島や郊外は、週末や祝日は地元の人で賑わっていますが平日は嘘のように人影がまばらです。

平日のハイキングに出かける際は極力ひとり行動は避けてふたり以上で出かけましょう。

まとめ

香港は治安が良いので安心して旅行を楽しめる国ですが、上記のようなトラブルが発生していることも事実です。

楽しい旅行にするために、事前に注意情報をチェックして気を引き締めることをお忘れなく。