韓国のお酒事情とは?お酒の種類や人気の高いおすすめ酒も紹介

韓国 お酒

韓流ドラマに、K-POP、日本における韓国ブームは止みそうにありません。こうしてお互いの理解が深まることはとってもいいことですよね。

相手のことを知るためには、その国のお酒のことを知るのも大切です。今回の記事では、韓国のお酒のABCをご説明します。

1.韓国では、何歳からお酒が飲めるの?

韓国では、飲酒は、19歳から認められています。

ただし、韓国の年齢の数え方は、日本の満年齢とは違って、数え年です。日本では生まれた年は0歳ですが、韓国では生まれた時に1歳で、お正月に1歳年を取ります。

日本人が韓国に行った場合も、韓国の法律が適用されます。

2.韓国のお酒の種類

韓国のお酒①「メクチュ」

メクチュとは、韓国のビールです。韓国では、主に、OB,CASS,HITEという3つのブランドが売れています。

日本のビールに比べてお値段は安く、500㎖で2100ウォンぐらいです。味は日本のビールに比べると薄味の印象ですが、韓国料理との相性は抜群です。

韓国のお酒②「ソジュ」

ソジュとは、韓国焼酎のことです。日本で韓国の焼酎と言えば、ジンロが有名ですが、韓国内ではチャミスルという名前です。チャミスルとチョウムチョロムが2大ブランドです。

価格は、1瓶(360㎖)で1000ウォンぐらいです。日本の地酒同様、ご当地焼酎、サンチョロム、オーツーリンなども人気です。最近は、フレーバー焼酎が注目されています。

韓国のお酒③「マッコリ」

マッコリは、米などの穀物を原料に乳酸発酵させた濁り酒です。マッコリも、ソジュ同様、地方ごとにいろんな種類が作られています。最近人気なのは、加熱処理をしていない生マッコリです。

そのまま飲んでもおいしいマッコリですが、炭酸水やジュースと割ってもおいしいです。マッコリは、労働者や学生が飲む安いお酒というイメージで安く、750㎖1300ウォンぐらいからです。

韓国のお酒④「果実酒」

日本でも人気の果実酒ですが、韓国でも同様に人気です。特に、野イチゴのお酒、ポップンジャ(覆盆子)が、甘酸っぱくておいしいです。

飲みやすいのでごくごく飲めちゃいそうですが、実はアルコール度数は、ビールより高いので要注意です。

青梅エキスから作られる梅花酒(梅酒)、メファス、メスチンなどが女性を中心に人気を集めています。300㎖で2750ウォンぐらいからあります。

韓国のお酒⑤「薬用酒」

ペクセジュ(百歳酒)は、朝鮮ニンジンやクコの実などの漢方薬材と生米を発酵させて作る漢方のお酒で、頭痛や二日酔いになりにくいと言われています。

価格は、300㎖で2420ウォンぐらいです。また、サンサチュン(山査春)は、山査子(サンザシ)と生の米を醸造したお酒です。

サンザシはポリフェノールを多く含むので、胃腸によく、腰痛に効くと言われています。300㎖で2750ウォンぐらいです。両方とも冷やして飲みます。

3.韓国で作られているオリジナルのお酒って?

お酒は、世界中で大昔からあらゆるものを使って作られてきました。米作文化圏である韓国では、米を用いた酒が大部分です。

韓国の伝統酒は、酸味と甘味がよく調和し、果実の香りがして種類もさまざまです。また、韓国の伝統酒は、酒の原料に薬料を加えて醸しました。

以上の点を考えると、マッコリ、ペクセジュ、薬酒などを挙げることができるかもしれません。

4.韓国で、人気の高いお酒はどれ?

韓流ドラマでも、飲酒シーンが流れますが、韓国人はお酒が好きです。韓国人一人当たりの飲酒量は世界第13位ですが、高い度数のお酒に限れば、OECD加盟国中第1位です。

韓国人は、飲む量も多いですが、度数が高いお酒を割らずに飲むのが好きなようです。

しかし、最近では、フレーバー焼酎や生マッコリなどヘルシー志向のお酒も人気です。柚子フレーバーの焼酎、スンハリチョウムチョロムやレモンソジュなどを要チェックです。

最後に

韓国のお酒についてまとめてみました。いかがでしたでしょうか。

それぞれの国には、それぞれのお酒の文化があります。お酒の文化を知ることで、よりその国を知ることができます。

また、韓国に行ったとき、地元の人とお酒を飲む機会があれば、きっと心の交流ができることでしょう。