韓国を訪れたら必ず食べたい!現地のおすすめの麺料理とは?

韓国 冷麺

こってり熱々の韓国焼き肉を食べた後に食べる、キンキンに冷えた冷麺のおいしさ!

暑い夏の日に無性に食べたくなります。

ハムや錦糸卵が乗っている甘酸っぱいスープの冷麺(冷やし中華)とは全く別物のおいしさです。

冷麺はじめ、韓国の麺料理をご紹介します。

1.韓国のおすすめ麺料理「冷たい麺類」

韓国の冷たい麺類 ①ネンミョン


漢字では、「冷麺」と書きます。ネンミョンは、冷たい麺料理です。

平壌冷麺(ピョンヤンネンミョン)と咸興冷麺(ハムフンネンミョン)が有名です。

平壌冷麺はムルネンミョン(水冷麺)と呼ばれ、コクのある冷たいスープの中に麺が入っています。

韓国の文在寅大統領が2018年平壌を訪れた際に、平壌名物の冷麺をふるまわれましたね。

一方、咸興冷麺は、ビビンネンミョン(混ぜ冷麺)と呼ばれ、辛いソースに麺を絡めて食べます。

中でも、カレイやエイの刺身をソースや麺と混ぜて食べるフェネンミョンがおいしいです。

ソウルでは、冷麺専門店が、平壌冷麺、咸興冷麺と看板をあげていますが、どちらの冷麺も食べることができます。

価格は、4000~6000ウォンぐらいです。

韓国の冷たい麺類 ②マッククス


ソバ粉で作られる麺ですが、日本のそばと違って押し出し式で製麺され、麺の粘り気が非常に強いので、噛み切れない場合ははさみを使います。

ネンミョン同様、冷たいスープに入れて食べる水マッククスや、辛味ソースに混ぜて食べるビビンマッククスがあります。

カルビが乗っているものもあります。

値段は、3500~5000ウォンです。

韓国の冷たい麺類 ③ミルミョン


他の韓国式冷麺はソバ粉やでんぷんを使うので弾力がありますが、ミルミョンは小麦粉を使うので食べやすいです。

具材もネンミョンは牛肉を使いますが、ミルミョンは豚肉です。

釜山の夏の名物です。値段は、4000~5000ウォンです。

2.韓国のおすすめ麺料理「温かい麺類」

韓国の温かい麺類 ①ラミョン


ラーメンのことです。韓国でラーメンという場合、インスタントラーメンを指します。

飲食店でも、インスタントラーメンに野菜、キムチ、チーズ、卵、餃子などを加えて提供されます。

チゲの一種、プデチゲには、インスタントラーメンが入っています。日本の韓国料理店でもありますね。

値段は、2500~3500ウォンです。

韓国の温かい麺類 ②チャジャンミョン


チャジャンミョンは、韓国で食べられる中華料理の一種で、「炸醤麺」と書きます。

日本では、韓国風ジャージャー麺と呼ばれることもあります。

豚肉、たまねぎなどをチュンジャン(春醤)と呼ばれる黒味噌で炒めたものを麺に乗せます。

値段は、2500~4000ウォンです。

ごはんにかければ、チャジャンパプになります。

韓国の温かい麺類 ③ウドン


文字通り、日本の「うどん」です。韓国語でも「ウドン」です。

関西風のあっさり風味です。

ちなみに、きつねうどんは「ユブウドン」、鍋焼きうどんは「ネムビウドン」、練りものがのったものを「オデンウドン」と言います。

値段は、2000~4000ウォンです。

韓国の温かい麺類 ④チャンポン


これもご存知「チャンポン」ですが、日本のチャンポンと異なる点は、粉唐辛子がたくさん入っていて真っ赤な色をしていることです。

これは、日本食というより、韓国では中華料理のメニューです。値段は、3000~6000ウォンです。

韓国の温かい麺類 ⑤カルグクス


こちらは、韓国式のうどんです。

ネンミョンは、押し出し式で作りますが、カルグクスは、日本のうどんのように包丁で切ります。

「カル」は韓国語で包丁という意味です。スープは、海産物や牛、鶏でだしを取ります。

だし汁で麺を茹でるので、スープにとろみがついています。値段は、3000~5500ウォンです。

韓国の温かい麺類 ⑥チャプチェ


チャプチェは、日本でもおなじみですね。漢字では「雑菜」と書きます。

春雨(タンミョン)と細切りにした野菜をごま油で炒めたものです。

値段は、2000~6000ウォンです。

チャプチェをご飯の上に乗せるとチャプチェパプで、これも人気があります。

まとめ

韓国の麺料理をまとめましたが、いかがでしたか?韓国と日本と中国の交流の一端がわかる内容でした。

日本の「うどん」が「ウドン」として食べられているって、なんだかうれしいですね。

日本でも、「チャプチェ」が「チャプチェ」として食べているのと同じです。

こうして、お互いの理解が深まっていくといいですね。