ラオスの伝統ダンス、ラオスの代表的な3つのダンスを簡単に紹介

ラオスの伝統ダンスは、ラオス、タイ、および他の近隣諸国の文化が混ざり合って完成したダンスです。

それぞれに独特な特徴があり、ラオスの伝統音楽とともに踊るダンスはラオスならではのユニークさを感じることができます。

ラオスの人々はダンスが好きで祭りや結婚式などで披露します。

今回の記事ではラオスの伝統ダンスを紹介しますので参考にしてみてください。

ラオスの伝統ダンス!代表的な3つのダンスとは?

ラオスの伝統ダンス①「ラム・ヴォング」

東南アジアの国々、ラオス、カンボジア、タイで一般的なダンスで、フォークダンスの様なものです。

ラオスでは男性・女性ともにとても人気で国民的なダンスとされています。

その起源はクメール帝国で、 みんなが円形になってゆっくりと踊りながら周ります。

ゆっくりとステップを踏みながら、手ひらをひらひらと蝶のように返します。日本の盆踊りとそっくりな伝統ダンスです。

禁止事項は、ダンス中にパートナーに触れないことです。 男性は内側の輪を作り、女性は踊りながら外側で輪を作ります。

「ラム・ヴォング」という語源は、ラオスの言葉でサークルダンスを意味します。

非常にシンプルなので未経験者や旅行者も一緒に楽しめるダンスです。

その人気のため、ラオス国内では伝統民族舞踏と認定されています。 子供から老人まで誰でも「ラム・ヴォング」の踊り方は知っています。

宗教ごとにはさまざまなバリエーションがあり、多少なりとも踊り方は異なりますが根本は同じです。

お客への歓迎、結婚式、新年の祝い、パーティー、お祭りなどの様々なイベントで踊られています。

パーティーでは、私服で踊りますが 、結婚式などの大切なイベントでは、伝統衣装「シン」や「サロン」を着用するといったドレスコードもあります。

「シン」を着て結婚式で「ラム・ヴォング」を踊るのはラオス女性にとっての夢です。

ラオスの伝統ダンス②「バンブーダンス」

「バンブーダンス」は、ラオスの山岳地方で盛んなダンスです。 このダンスには、柔軟性と熟練したステップが求められます。

リズム感がとても大切で、ラオスの音楽を聴きながらリズムに合わせて動きます。

両側に座った2人が2本のバンブー同士を打ち、続けてバンブーを台に2回打ちつけるといった具合に3拍子のリズムに合わせるのが基本。

足を竹挟まれないように片足で交互にステップを踏みます。

多人数でやる場合は、4~6人が1列になってステップが何回続くかを競います。

「バンブーダンス」は東南アジアで最も人気のあるダンスの1つです。ベトナム、フィリピンなどでもダンスを見ることができます。

ラオスの伝統ダンス③「プララックプララム」

「ラム・ヴォング」がラオスの国民的ダンスとすると、「プララックプララム」は仏教の叙事詩を取り入れたラオスの宗教的なダンスです。

 ダンスを通して、二人の兄弟(プララック王子とプララム王子)の​​物語について語られています。

プララックプララムは、通常、ラオスの仏教の発祥地とされているルアンパバーンのバレエ劇場で公演されています。

シンプルな伝統衣装である「ラム・ヴォング」の衣装とは対照的に、「プララックプララム」のダンサーは、精巧な衣装とカラフルなマスク、アクセサリーを着用します。

仏教の物語や伝説を実証しようと作られたダンスです。

最後に

いかがでしたか?

今回の記事ではラオスの代表的な3つのダンスについて触れましたが、この他にもラオスの地方にはユニークな伝統ダンスがあります。

ラオスに行かれた際はぜひ伝統的なダンスを見てみてください。