ショッピングを楽しめる国マカオ!足を運びたいマーケットについて

消費税がなく、ショッピング観光にはうってつけのマカオ。

マカオで買い物をするのであれば、マーケットは最高掘り出し物を探すのに最高の場所です。

高級品も、他の都市より安く売られていて、宝飾品(特に金)、中国の骨董品、磁器、陶器、電子機器、カメラ、時計、絹の衣類などの商品が、リーズナブルな価格で見つけることができます。

今回の記事ではマカオのマーケットを紹介します。

ショッピングを楽しめる国マカオ!足を運びたいマーケットとは

マカオのマーケット①「ルアデテルセナフリーマーケット」

このにぎやかなマーケットは、お昼過ぎに賑わいます。

マカオでも屈指の人気を誇るフリーマーケットで、有名なセントポール遺跡の近くにあります。

ここでは、食器、彫刻、置物、歴史的な記念品、などの掘り出し物を見つけることができます。

陶器、絵画、骨董品、が非常に安い値段で売られていてアンティーク好きにはおすすめです。

露店には商品がずらりと並べてあり、その間を歩きながらショッピングを楽しみましょう。

この地域はマカオの歴史的中心部の一部なので、雰囲気がよく観光も楽しめます。

近くにあるセントポールの遺跡から出発して、サンパウロ通りをゆっくり散歩することもおすすめです。

マカオのマーケット②「スリーランプディストリクト」

スリーランプスディストリクトは、マカオで最も人気のあるショッピングエリアの1つで、歴史のあるマーケットです。

ここでは、小さなお店、飲食店、フリーマーケット、などが並んでいて、多種多様な物が購入できます。

衣類、布地、日用品、食品が販売されていて現地の人にとっては欠かせないマーケットです。

地元の人がほとんどで観光客はあまりいませんが、百聞は一見にしかず!足を運ぶ価値は十分にあります。マカオの日常的な風景を体験できる貴重な場所の一つです。

マカオのマーケット③「タイパフリーマーケット」

タイパフリーマーケットは、毎週日曜日の午前11時から午後8時まで、タイパ島の中心部にあるボンベイロス広場で開催されます。

ポルトガル風の村の中にあり、まるで絵画の中のような場所です。

伝統工芸品やお土産、食品・飲料、ブランド品、服、おもちゃなどを販売する露店がたくさんあります。お土産を探すなら、このマーケットが最適です。

また、エッグタルト、プリン、などのマカオのおいしいスイーツや、バクワ、ポークチョップなどの屋台グルメを食べることもできます。

活気があるマーケットでポルトガルのフォークダンス、ストリートダンス、マジシャン、ミュージシャン、画家などストリートパフォマーたちがたくさんいて、買い物以外でも楽しめます。

まとめ

マカオはカジノだけでなくショッピングも楽しめる国です。

観光地でのブランド品ショッピングだけでなく、マーケットに足を運んで掘り出し物を探してみてください。