台湾の醍醐味日帰り温泉!おすすめの日帰り温泉や温泉マナーとは

台湾は温泉好きにとってはおすすめの旅行先です。

台北近郊には魅力的な温泉がいくつも存在します。

今回の記事では気軽に立ち寄れる台湾のおすすめ日帰り温泉や温泉マナーについて簡単に紹介します。

台湾旅行をお考えの方は必見です。

まずは温泉のマナーと台湾の温泉事情を簡単に知ろう

台湾の温泉マナー

露天風呂は水着とバスキャップ(水泳帽)の着用が必須という温泉が多いです。

ただ「日式」と表記された温泉は日本のように男女の浴場が別れていて、裸で入浴します。「日式」は近年台湾で人気があります。

日本と同じくお湯に入る前にはかけ湯をしましょう。

お湯に入ったあとはあまり動いてはいけないというルールもあります。入浴中に体や顔をゴシゴシとこすることはNGです。

その他、各温泉によってローカルルールがありますので、入浴前に確認しておくことをおすすめします。

小銭(10元)の用意

台湾も日本と同じくコインロッカーがあります。

有料か無料(コインリターン式)かは施設によって異なりますが、多くの温泉施設では10元コインが必要となるため、予めコインを用意しておきましょう。

お湯がぬるい

亜熱帯である台湾の温泉は大抵ぬるめのお湯です。

日本の様に熱いお風呂はあまり用意されていません。

熱いお湯やサウナがある施設は必ず水風呂が用意されており、脱水予防のために「水分持ち込みOK」という温泉もあります。

台湾のおすすめスポット!台北近郊の日帰り温泉を紹介

台湾日帰り温泉①「新北投温泉 三二行館」

日本スタイルの露天風呂があります。

バリ島風の高級ヴィラの様な三二行館は硫黄泉の源泉です。地熱谷を真下に見下ろす、贅沢な温泉施設です。

温泉や効能が異なる8つの大浴場があり、深緑に囲まれながら最高のひとときを味わえます。

おすすめポイント

・台北市内よりMRTとタクシーで約45分

・15歳以下は入浴禁止なため大人な雰囲気

・リピーターが多く、お値段以上の満足感

詳細情報

住所:中山路32號

電話:6611-8888

営業日時:10:00〜23:00 第1・3月曜日休み

アクセス:MRT新北投支線「新北投駅」より徒歩15分

URL:www.villa32.com

台湾日帰り温泉②「陽明山 川湯溫泉養生餐廳」

露天風呂とレストランを備えた、日帰り温泉施設です。

施設内には京都を思わす、建造物や庭園があります。

レストランで一人400元以上の食事をすれば、温泉利用料が無料になるという特典付き。

温泉は水着を着用しない「日式」で、個室風呂もあるのでカップルにおすすめです。

おすすめポイント

・リーズナブルな予算で気軽に楽しめます

・中華料理と温泉の組み合わせが魅力的

・テーマパークの様な雰囲気がユニーク

詳細情報

住所:行儀路300巷10號

電話:2874-7979

営業日時:24時間※レストラン11:00〜翌5:00 旧正月年末4日間休み

アクセス:MRT淡水線「石碑駅」より508・535・536バスで約15分「行儀3」下車

URL:www.kawayu-spa.com.tw

台湾日帰り温泉③「烏来温泉 璞石麗緻温泉会館」

豊かな大自然に囲まれた烏来にある高級温泉リゾートです。

大浴場は男女別で裸で入浴する「日式」スタイル。

ラグジュアリー感漂う半露天風呂は女性におすすめです。

個室のテーマブロは観光客を楽しませてくれること間違いなしです。

おすすめポイント

・大自然に囲まれた温泉で心身ともにリラックスできます

・大浴場、個室風呂など多種多様

・レストランの食事やスイーツが美味

詳細情報

住所:新北市烏來區忠治里新烏路五段88號

電話:2661-8000

営業日時:8:00〜22:00(月13:00〜) 無休

アクセス:MRT新店線「新店駅」より烏来行きバスで約30分「堰堤」下車

URL:www.pauselandis.com.tw

最後に

台湾は日本の様に昔から温泉が湯治場として国民の疲れを癒してきました。

みなさんも台湾に行った際には温泉に立ち寄ってみてください。

この記事をきっかけに、みなさんが「台湾温泉」に興味を持っていただければ幸いです。