台湾の首都、台北市の治安について!事前に知りたい安全情報

台北は比較的治安が良く、男女問わず街を散策できる都市です。

とは言っても外国なので少し気を引き締めることもお忘れなく。

今回の記事では、楽しい旅行にするための治安情報を書きましたので、ぜひ参考にしてください。

1.台湾の首都、台北市の治安について

冒頭でも記載した通り、台北の治安は良好です。

親日的であるため、日本人にとっては安心して旅行できる都市ですが、以前より犯罪率は増加しています。

台北で旅行者が遭遇しやすい事件は、スリ、置き引き、ひったくり、詐欺などです。

また、交通規制が日本より緩く、交通量も多いので交通事故にも注意が必要です。

「海外を旅行している!」という緊張感を持って行動することを心がけましょう。

2.台湾、台北市の治安「気をつけたいこと」を紹介

2-1.台北の夜市はスリの温床!?

士林を筆頭とする夜市は定番の夜遊びスポットです。深夜まで賑わっている夜市ではスリやひったくりが多発してます。

「ショルダーバックは道路側に持たない」「斜めがけバッグで散策する」など対策をしましょう。

不要な現金や銀行のカードはホテルのセーフティボックスなどに預けて、不用意に持ち歩くことは避けましょう。

バッグの中はティッシュ、小銭、ガムなどで十分です。

2-2.タクシーを利用する際のチェック項目

・乗車時に車内にある、運転者登録証を確認しましょう。ない場合は別のタクシーへ。

・車体に傷や汚れが多いタクシーは避けましょう。

・運転手が怪しい、汚い、酒臭い場合は乗車してはいけません。

・料金が異常に高いと思った時や故意に遠回りをされた時などは、運転手名と車のナンバーを写メして、降車後すぐに警察に連絡を。

2-3.深夜の女子ひとり歩きは厳禁!

大通りは比較的大丈夫だが、人通りの少ない路地は避けましょう。

台北は治安が良好とはいえ、お店が閉店した後の街中を歩くことは危険です。

ひとりの時は、深夜まで出歩いて裏路地に迷い込まないように用心しましょう。

また、深夜にひとりでタクシーを利用することも避けましょう。時間帯と場所をわきまえることが大切です。

2-4.知り合ったばかりの人は信用しない

当然のことですが、街で知り合った人をホテルの部屋に招いたり、ついて行ったりすることは危険です。

同性からの誘いも断りましょう。

台湾人は新日的で優しく、親切で声を掛けてくれる人がほとんどです。

しかし、中には好意を装って詐欺行為を考えている輩もいるので常識を持って判断しましょう。

2-5.食べ過ぎ、飲み過ぎに注意

台北市内には食欲をそそる屋台がたくさんありますが、中には衛生状態が良いとは言えない屋台も・・・。

食べ過ぎや飲み過ぎによる腹痛や下痢は起こりがちなトラブルの一つです。「生ものは避ける」「ハエが飛び交うお店では買わない」など注意しましょう。

万が一、具合が悪くなった場合はまずホテルのフロントに相談。近くの病院を紹介してくれます。

日本語が通じる病院もありますので早めに受診をしましょう。

2-6.海賊版CD・DVDについて

台北では、屋台だけでなくCDショップやレコードショップでも普通に海賊版CDが売られています。

「空港で台北で買ったDVDを没取されてしまった!しかも、長い時間拘束された・・・」と嘆く旅行者のかたもいますので注意しましょう。

明らかに安く売られているCD・DVDは買わないように。

3.台湾旅行の治安対策「海外旅行保険」がおすすめ

当たり前のことですが、海外旅行保険に入ることをおすすめします。

病院で診察を受ける場合に海外旅行保険に加入してないと高額な請求に驚愕することがあります。

また、スマホ、カメラ、パソコンなどが盗まれた時も保険に加入していれば補償の対象になります。

1000〜2000円程度で加入できる保険会社もありますので、台湾旅行前にチェックしておきましょう。

参考リンク:https://hoken.kakaku.com/insurance/travel/

最後に

台湾は治安が良いとはいえ海外であることは忘れずに!

事前にできる対策は確認をして楽しい台湾旅行にしましょう。