常夏のタイでは欠かせないビール!現地で飲みたいタイの定番ビールとは

多くの日本人旅行者が訪れるタイ!

タイは言わずと知れた熱帯地域で、ビールとの縁は切っても切れません。

国内のビール消費量は多く、スーパーやコンビニなどで簡単に手に入れることができます。

今回の記事ではタイの定番ビールをまとめましたので、参考にしてください。

常夏のタイでは欠かせない!現地で飲みたい定番ビールとは

タイの定番ビール①「ビア・シン」


タイの中でも世界的に有名な銘柄。

苦味が強く高級感あふれるビールです。

必ずタイ料理と一緒に飲みたいビールです。

タイの定番ビール②「ビア・チャーン」


手頃な値段がゆえに、タイで最も飲まれているビールです。

アルコール度数が6.2%と高め。

お酒が弱い人は注意しましょう。

タイの定番ビール③「チャーン・ライト」

ビア・チャーンのライトバージョンでカロリーは控えめ。

ビール好きの方は少し物足りなさを感じるかもしれません。

タイの定番ビール④「シン・ライト」

アルコール度数は3.5%とかなり低めで、ビア・シンのライトバージョンです。

「旅行先で朝から一杯!」なんてお考えの方にはおすすめです。

さっぱりしているので、辛いものとの相性も抜群です。

タイの定番ビール⑤「ビア・リオ」


ビア・シンが製造している低価格ビール。

現地での人気は上々です。

値段は安いが味はしっかりしています。

タイの定番ビール⑥「ハイネケン」


タイで最もよく飲まれている外国ビールはハイネケンです。

バーなどには必ずと言っていいほど置いてあります。

タイのハイネケンの味は比較的軽く感じます。

タイの定番ビール⑦「フェデルブラウ」


チャーンが製造しているドイツビールです。

高級感っぷりでお値段はやや高め。

独特の香りがクセになります。

タイの定番ビール⑧「チアーズ」


ハイネケンの製造会社が作る、軽めのビールです。

アルコール度数も低いのでグイグイ飲めちゃいます。

現地の女性から人気が高いビールです。

タイの定番ビール⑨「アサヒスーパードライ」


日本の代表アサヒスーパードライはタイでも人気。

現地で生産しているためか、味は日本の物とやや異なります。

ぜひ飲み比べてみてください。

日本ではありえない!?タイではビールに氷を入れる!?

タイでは暑さのせいかビールに氷を入れるのが一般的です。

ビール好きにとってはゆゆしき事態ですが以外な一面もあります。

気候も相まって氷を入れると飲みやすさは倍増。

ビールが苦手な人でもグイグイ飲める!なんてこともあります。

高級レストランでは基本的に氷は入れませんが、市街地のレストランや市場で試してみることをおすすめします。

最後に

いかがでしたか?現地で飲まれているタイの定番ビールをまとめてみました。

ビール好きの方はタイに足を運んで、ビールを堪能してみてください。