ベトナムの麺料理特集!特徴や麺料理の種類についてご紹介

ベトナム 麺料理

ベトナムの麺料理というと「フォー」が有名ですが、もともとフォーとは麺の種類の名前です。

ベトナムにはフォーの他にもいく種類もの麺があり、それぞれに具材や味付けに変化を加えてさまざまな麺料理になります。

今回はベトナムに行ったら食べたい麺料理をご紹介します。

1.ベトナムの麺の種類について

麺料理をご紹介する前に、ベトナムでよく食べられている麺の種類を把握しておきましょう。

これらを把握しておくと、現地に行った時にメニューが理解しやすくなります。

1-1.ベトナムの麺の種類「フォー」

日本では有名な「フォー」はベトナム北部を中心に食べられている麺で、細くて平たいものです。

米粉を溶かした液体を熱い鉄板などの上に流して固め、それをそばのようにカットして作ります。

1-2.ベトナムの麺の種類「ブン」

「ブン」はベトナム南部で好まれている麺です。

日本で「ビーフン」と呼ばれる細いものから、やや太めのものまで太さはさまざまです。

米を原料にした麺のもとを型に入れ、熱湯の中にところてんのように押し出して作ります。

1-3.ベトナムの麺の種類「フーティウ」

「フーティウ」もベトナム南部でよく食べられているライスヌードルで、生地を乾燥させてから切るのでとてもコシがあります。

太さもさまざまです。

1-4.ベトナムの麺の種類「ミー」

「ミー」はベトナムには珍しい小麦粉を原料とした麺で、太さにバリエーションがあり細いものはラーメン、太いものはうどんに似ています。

2.ベトナムで食べたい麺料理について

2-1.ベトナムで食べたい麺料理「フォー」

・フォー

単に「フォー」というと、汁麺になります。

「フォー・ボー」はレア牛肉入り、「フォー・ガー」は鶏肉入りのフォーで、汁ありフォーではこの2つがよく食べられています。

まろやかで濃厚なスープが味わい深く、身体にしみわたります。

・フォー・サオ

「フォー・サオ」は焼きフォーです。

柔らかい麺を焼いたものと、揚げた麺を使うものの2通りがあります。

どちらも麺の上に具材たっぷりの餡かけがかけられています。具は牛肉、鶏肉、エビなどさまざまです。

2-2.ベトナムで食べたい麺料理「ブン」

・ブン・ボー・フエ

ベトナム中部の古都「フエ」の名物料理です。

麺の太さはやや太く、スープは豚や牛がベース、レモングラスやベトナムの塩辛が使われベトナム感たっぷりです。

また、スープに赤唐辛子を使うので、ベトナム料理としてはスパイシーです。

上にはたっぷりの野菜のほか、かまぼこや練り物なども乗ります。

・ブン・チャー

ハノイ名物のつけ麺です。麺、つけ汁、野菜が別々の容器で出されるので、空の容器に好みの量を取り交ぜて食べます。

店によって汁の中に入っている肉などの具材が違ったり、春巻きやかき揚げなど付け合わせに店の特徴があったりします。

スープは甘酸っぱいものが多いようです。

別添えの唐辛子を加えて食べる人も多く見られます。

2-3.ベトナムで食べたい麺料理「フーティウ」

・フーティウ・ナムヴァン

ナムヴァンとはベトナム語でカンボジアの首都プノンペンのことです。

具にはレバー、エビ、うずら卵を入れるのが一般的です。

スープは豚骨ベースでコクがあり、やや甘めに味付けがされています。

汁ありと汁なしがあり、汁なしの場合はスープが別添えで出されます。

2-4.ベトナムで食べたい麺料理「ミー」

・ミー・クアン

中部のクアンナム地方の郷土料理で、砕いたピーナッツが乗っているのが特徴です。また、焼いたゴマ入りライスペーパーが添えられることもあるので、それを割り入れて食べます。ダナンなど中部の町に行ったら食べたい麺料理です。

・ミー・ホアンタン

日本でいうワンタンメンです。滋味深いスープが食欲をそそり、ワンタンの中の肉もとてもジューシーです。日本でも食べ慣れているものに近いので、胃袋が疲れた時にほっとする味です。

3.ベトナムの麺料理の値段は?

どこで食べるかにもよりますが、平均的な食堂でなら上にあげた麺料理は日本円で120円から300円前後で食べられます(フォー・サオはやや高く400円前後)。

ローカルの屋台ならさらに安い値段になるでしょう。

逆にホテルのダイニングやきれいなレストランではぐっと高めになり、500円近くになることもあります。

まとめ

ベトナムでは麺料理はとても一般的で、食堂はもちろん屋台でも手軽に食べられます。

朝から道で麺をすすっている人の姿も多く見られることでしょう。

また、上記に紹介した以外の麺もあります。地方の食堂などでも写真付きのメニューがあるので、いろいろとトライしてみてください。