スイーツ大国!?ベトナムのお菓子、スイーツなど甘いものをご紹介!

チェー

ベトナムのグルメといえば、「フォー」や「生春巻」などにヘルシーでややスパイシーなベトナム料理を思い浮かべます。

スイーツもかつての統治国フランス、国境を接する中国の影響を受けたものなど注目すべきものがたくさんあります。

今回はベトナムのお菓子やスイーツについてご紹介します。

1.ベトナムで食べたい定番のスイーツ、お菓子

ベトナムの定番スイーツ、お菓子 ①チェー


ベトナムを代表するスイーツが「チェー」です。

チェーとは「ベトナムあんみつ」ともいわれ、フルーツや芋、豆などを甘く煮込んだものがベースになります。

具材によって実にさまざまなチェーがありますが、初心者は「チェー・タップ・カム(ミックスチェー)」を頼むと良いでしょう。

店の特徴が出ている上に外れなく美味しくいただけます。

慣れてきたら温かいチェーや、ベトナムらしい素材の入ったチェーを頼んでみましょう。

屋台で売られているチェーはココナッツミルクがベースになっていることが多いです。

色とりどりの具材が入った写真映えするチェーもあります。

ベトナムの定番スイーツ、お菓子 ②バインフラン(プリン)


「バインフラン」はカスタードプリンです。

牛乳と砂糖の代わりに練乳を使うのでとても濃厚な味わいです。

皿に乗せ、カラメルソースがたっぷりとかけるのが定番ですが、店によっては上にクラッシュアイスが盛られている場合もあります。

カラメルソースの代わりにカフェオレを掛けたり、カスタード以外のフレーバーにしたり、

近年では色々なバリエーションが見られるようになりました。

ベトナムの定番スイーツ、お菓子 ③ケム・ズア(ココナッツアイス)


「ケム・ズア」は南国らしい味わいのココナッツアイスです。

店によってはココナッツの実を容器にしてココナッツアイスとトッピングを盛り、豪華に仕立てるところもあります。

この場合は、ココナッツの実の内側の白い果肉も忘れずに食べましょう。

ゼリーのようにプルプルしてとても美味です。

ベトナムの定番スーツ、お菓子 ④あま〜い飲み物


「シントー」とはスムージーのことです。

砂糖とミルクの代わりに練乳が使われるのが特徴です。

ベーシックなフレーバーはトロピカルフルーツですが、中にはアボガドを使ったものなど変わり種もあります。

「ヌック・ミア」はサトウキビジュースのこと。ほんのり甘い素朴な味は、ベトナムで是非味わってみたいものです。

2.ベトナムでトライしてみたいローカルなお菓子

ベトナムのローカルお菓子 ①ベトナム産カラムーチョ


湖池屋から販売されている「カラムーチョ」のベトナム版は現地でも大人気です。

ベトナムで製造されていて、日本のものより辛くなっています。

ホットスパイシー味やリッチスパイシーシュリンプ味など日本のフレーバーとは異なるので話のタネになること間違いなしです。

ベトナムのローカルお菓子 ②ドリアンを使ったお菓子


果物の王様といわれ、強烈な香りをもつドリアンを使ったお菓子はなかなか日本では見られず、ベトナムらしいものと言えます。

町なかのスーパーに行くと「ドリアンキャンデー」「ドリアン饅頭」「ドリアンクリームサンド」などが棚に並んでいます。

生のドリアンより香りが控えめになっていますのでホテルに持ち込んでも大丈夫。

南国らしいフレーバーを味わってください。

3.お土産に持ち帰りたいベトナムのお菓子、甘いもの

お土産にしたいベトナムのお菓子、甘いもの ①チョコレート


ベトナムは良質なカカオが採れ、それを使ったチョコレートが人気のお土産になっています。

「マルゥ」はフランス人が創立したブランドで、カカオ率70%を超えるダークチョコレートがメインになっています。

値段は板チョコ1枚で600円以上とかなり高価ですが、原料のカカオには徹底的にこだわっていて、パッケージに生産された地域名が記載されています。

「フェーバー」ベトナム産カカオを使った高級チョコレートブランドです。

店舗は中部のダナンと北部のハノイにあるので、南部のホーチミンでは購入が困難です。

フェ―バーのチョコレートは黒胡椒、ジンジャー、ピスタチオなど、ひねりの効いたラインアップが多いのが特徴です。

また、好きな色のパッケージ箱を選べるのもおしゃれで人気です。

お土産にしたいベトナムのお菓子、甘いもの ②ドライフルーツ


ドライトロピカルフルーツは日持ちがして持ち運びがしやすく、ベトナムらしさもあってお土産に人気の品です。

マンゴーやパイナップルでは普通過ぎるので、思い切ってドリアンやマンゴスチンなどのドライを探してみてはいかがでしょうか。

ドライザボンなども珍しくて喜ばれることでしょう。

お土産にしたいベトナムのお菓子、甘いもの ③ジャム


トロピカルフルーツを使ったジャムもお土産に人気が出てきています。

ベトナムの定番ブランド「ラ・プティット・エピスリー」からは、

バナナ&チョコレート、ストロベリー&ミントといった変わったフレーバーも出されていて若い女性を中心に人気です。

まとめ

以上、たくさんあるベトナムのお菓子(スイーツ)の中からいくつかをご紹介しました。

日々近代化、国際化が進んでいるベトナムでは、新しいお菓子もどんどん登場しています。

現地でお気に入りを見つけてください。